ケイトリン・シエルのポエムを翻訳してみた

General
“Do not fall in love with people like me.
I will take you to museums, and parks, and monuments, and kiss you in every beautiful place, so that you can never go back to them without tasting me like blood in your mouth.
I will destroy you in the most beautiful way possible. And when I leave you will finally understand, why storms are named after people.”
— Caitlyn Siehl
私のような人と恋に落ちてはいけない。
美術館や公園、モニュメントへ連れていき、あらゆる美しい場所であなたにキスをする。
あなたは口の中の血のように私の味を思い出さずに同じ場所へは戻れなくなるの。
もっとも美しい方法であなたを破壊するの。
私が去った後にようやく悟るのよ、嵐が人にちなんで名付けられるのかを。
— ケイトリン・シエル
“When is a monster not a monster? Oh, when you love it.”
— Caitlyn Siehl
鬼が鬼でなくなるとき?それはあなたが愛したときよ
— ケイトリン・シエル
“when your little girl
asks you if she’s pretty
your heart will drop like a wineglass
on the hardwood floor
part of you will want to say
of course you are, don’t ever question it
and the other part
the part that is clawing at
you
will want to grab her by her shoulders
look straight into the wells of
her eyes until they echo back to you
and say
you do not have to be if you don’t want to
it is not your job
both will feel right
one will feel better
she will only understand the first
when she wants to cut her hair off
or wear her brother’s clothes
you will feel the words in your
mouth like marbles
you do not have to be pretty if you don’t want to
it is not your job”
— Caitlyn Siehl
小さな娘が、わたしって可愛い?と聞いてきたら
あなたの心はワイングラスが固い木の床に落ちるかのように感じ、
当たり前だ、疑問に思うことじゃない、と言いたい自分と
引っ掛かる思いから彼女の肩をつかみ、覗き込んだ目が見返してくるほどに真っ直ぐにその深い瞳を捉え
そうありたくなければそれでもいい
君の仕事ではないから
どちらも良いと感じ
ひとつはより良く感じるから
彼女は先の言葉しか理解しないが
髪を切り落としたくなったり
兄弟の服を着るときがあれば
その言葉は口の中のマーブルのように感じるはずだ
無理に可愛くある必要はない
君の仕事ではないから
— ケイトリン・シエル
“I mean, I hope you’re happy,
But the sky is still the sky without you,
And I’m not surprised by that anymore.”
— Caitlyn Siehl
そう、幸せになってほしいと思ってるわ
でも、空はあなたがいないままの空だし
そのことにはもう驚かなくなったの
— ケイトリン・シエル
“when you walk, you look like you’re trying to disappear.
your back is gonna be fucked up.
why do you think change is so hard? is it because you’re afraid?
people might think you’re pretty, but they’ll never love you.
you talk like you’re apologizing for your own voice.
speak up.
grow up.
find your spine, stop shrinking.
there is nothing brave about keeping silent.
how many times have you been in love? I can’t picture it ever happening for you.
you lie because it makes you feel free. this is a prison.
you’re always gonna think about him. you will never get him out of your system.
I wish I never had to see you again.
you poor thing.
go to hell.
you may be a nice person but you will never be a good person.
no one is ever going to want to touch you.
is there a vision in your head of who you want to be?
you do not have the strength to become her.
there is no boat big enough to keep you from drowning in the sea of yourself.
go to bed, baby.
you are tired from all of this nothing.
sleep.
rest.”
— Caitlyn Siehl
あなたの歩く姿はまるで消えようとしているみたい。
腰が壊れてしまうわ。
なぜそんなに変わることを難しいと思うの?怖いの?
人はあなたを可愛いと思ってるかもしれないけど、あなたを愛することはないわ。
自分の声に謝罪するような口ぶりね。
声を上げなさい。
大人になりなさい。
芯を見つけて小さくなるのは止めなさい。
沈黙を保つことは勇気でもなんでもないの。
何度恋をしたことがあるの?あなたに訪れるなんて考えられないわ。
自由だと思えるから嘘をつくのね、それは毒なのに。
いつも彼のことを思い描いて、忘れることなんて出来ないで。
あなたのことを見たくなかった。
可哀そうな子。
地獄に落ちればいいのに。
いい人かもしれないけど、善い人にはなれないわ。
誰もあなたに触れたくないの。
どんな自分に成りたいか未来像はないの?
そんな女性になるだけの力は無いのね。
どれだけ大きな船でも、自分という海で溺れるあなたを救えないの。
おやすみなさい、可愛い人。
何もないことで疲れ果てているわ。
寝なさい。
休んで。— ケイトリン・シエル
“When they don’t love you the way you want to, you mourn that for however long you need to. But then you get back up and you remind yourself. You are not a reflection of the people who can’t love you. You will love again. You will be loved again.”
— Caitlyn Siehl
あなたが思っているように愛してくれない時は、好きなだけ嘆けばいい。
でも、立ち直った時自分に言い聞かせて、あなたはあなたを愛せなかった人たちの鏡ではない。
また愛すことができる。また愛される。
— ケイトリン・シエル
“Don’t you do that.
Don’t you look at what I had for you and call it weak.
Not when you were the one afraid of it.
I stood there with my hands open,
my mouth bruised tender with supplication.
Don’t you dare treat me like a victim of my own emotions,
like being moved to my knees by love
was a mistake that I regret.
I will go to my grave with the memory of the bravery in my bones.”
— Caitlyn Siehl
そんなことをしないで。
私のあなたへの想いをみて、弱いと言わないで。
それを恐れていたのはあなたじゃない。
私は両手を広げて立ち、口は懇願のために傷ついた。
私を感情の犠牲者のように扱わないで。
愛によって跪いたことを後悔している。
私の中にあった勇気の記憶を墓まで持っていくから。
— ケイトリン・シエル

“It ends or it doesn’t.
That’s what you say. That’s
how you get through it.
The tunnel, the night,
the pain, the love.
It ends or it doesn’t.
If the sun never comes up,
you find a way to live
without it.
If they don’t come back,
you sleep in the middle of the bed,
learn how to make enough coffee
for yourself alone.

Adapt. Adjust.
It ends or it doesn’t.
It ends or it doesn’t.
We do not perish.”
— Caitlyn Siehl
終わるか、終わらないか。
それはあなたが言っていること。
そうやって切り抜けるの。
トンネル、夜、痛み、愛。
終わるか、終わらないか。
もし太陽が昇らなくても
生きる方法を見つけるから。
あの人が帰ってこなければ、
ベッドの真ん中で寝て、
一人分の珈琲を入れることを覚えるの。順応。調整。
終わるか、終わらないか。
終わるか、終わらないか。
私たちは滅びない。
— ケイトリン・シエル