盗用・剽窃対策 “Student Reporting”

UoPeople
 “UoPeople Partners with Unicheck on Zero-Tolerance for Plagiarism Policy”

今朝 UoPeople からこのようなメールが届いておりました。

 

UoPeople の盗用・剽窃対策が厳しくなります。

2018年11月15日 Term 2 より UoPeople は Unicheck と提携することになりました。

Unicheck とはアメリカで600校を超える K12 (5歳から高校まで)や高等教育機関で使用されている盗用・剽窃チェックソフトウェアです。

さらに peer-to-peer 学習の改善のため、Report plagiarism 機能が新たに加わりました。

こちらは コース内で表示されている UoPeople 時計の下に新しく表示されています。

こちらのリンクを開くと “Code of Academic Integrity – Student Reporting” が表示されます。もちろん情報は公開されることはありません。

出願エッセイを【良い】から【素晴らしい】にレベルアップ!
エッセイをアップしましょう!

Code of academic conduct

この改善は良かった。

Writing assignment は同様のサイトでチェックをして適正に評価していましたが、 Discussion ではなかなか時間が取れずほぼスルーする方が多かったからです。

これでスクリーンショットなどをとっておけば事後報告も可能です。

プレジャリズムを避ける方法
プレジャリズムを避ける まず重要なのは正しい方法に則って引用することです。 UoPeopleではAPAスタイルを使用します。 アサイメントの作成で参照した一次情報源も二次情報源でも、すべてのソースの引用元を記載します。 ...
やってはいけないコピペ!プレジャリズムについて
プレジャリズム(剽窃)やカンニングを行った場合の責任 2012年に生徒同士が協力しクラス半数が在宅試験でカンニング行った疑いで問題となったハーバード大学で125人が一年間の停学処分や退学処分になりました。 学生は学問に対する誠実さを...
剽窃の具体例
プレジャリズムの具体例 いくつか剽窃の具体的な例を探してみました。 以下はスタンフォード大学の例です。 ケース1:生徒がレポートの一部が剽窃であったことを認めた。 ケース2:他の生徒が前学期のコースで提出したレポート...
オンライン大学の Plagiarism (剽窃)
ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープルでも頻繁にみる剽窃 オンライン大学だとアメリカの大学だという認識が希薄なのか、剽窃に対する意識が薄い生徒が多いです。 良くてF、退学や留学ビザの取り消し、卒業後の学位取り消しにも繋がる重大な違反行為...