オンライン大学の Plagiarism (剽窃)

UoPeople

ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープルでも頻繁にみる剽窃

オンライン大学だとアメリカの大学だという認識が希薄なのか、剽窃に対する意識が薄い生徒が多いです。

良くてF、退学留学ビザの取り消し、卒業後の学位取り消しにも繋がる重大な違反行為です。

成績が C のあたりの学生が F を取ることは致命的です。

UoPeople の最低合格ラインは D- (60~62点、GP 0.67点) ですが CGPA が2.0以下に落ちると Academic Warning、その次学期も2.0以下だと Academic Probation、その次の学期でも2.0以下だと退学です。

剽窃についてはクラスで何度も注意喚起されますが、1000番台を受講中の生徒の中には Course Hero 等のサイトを利用して完コピをしてくる人がチラホラ。

Discussion である程度書き方の癖がわかるので、名前が伏せてある Written Assignment も作者が誰なのかなんとなくわかります。

特に英語が母国語でない生徒の癖はわかりやすく、クラスメートの剽窃を見つけた時は本当に残念な気持ちになります。

あくまで感覚ですが、やっぱり非ネイティブの剽窃が多いです。アジアが目立ちますが、南米、中東、アフリカの生徒でも見かけます。欧米人もあるのでしょうが、私が気がついたのは僅かでした。

Written Assignment は匿名なので剽窃を指摘しやすかったのですが、Discussion はオープンな場所で指摘することになるので引用方法を伝えるにとどめ、ストレートに指摘した人は見たことがありません。

一度、クラス全員が読んでいる課題サイトからの剽窃を見てからは Discussion もチェックするようにしています。

私は評価する前にまず PaperRater などの剽窃チェッカーで確認するのですが、見つけた場合はわざわざ読んで評価することはしませんでした。

リサーチされた内容を読んで、自分でもリサーチしてからフィードバックをしたり、カウンターの質問もしたいので適当な回答しか返せないチートした人の内容を読みたいと思わないからです。

今回スチューデント・レポーティングが導入され UoPeople の盗用・剽窃対策が厳しくなりました。

これからはきちんと対応していけそうです。

 

大学によっては過去に提出されたレポートからの剽窃もチェックできるシステムを採用しているところもあるので、更なる改善の余地がありそうです。
プレジャリズムを避ける方法
プレジャリズムを避ける まず重要なのは正しい方法に則って引用することです。 UoPeopleではAPAスタイルを使用します。 アサイメントの作成で参照した一次情報源も二次情報源でも、すべてのソースの引用元を記載します。 ...
やってはいけないコピペ!プレジャリズムについて
プレジャリズム(剽窃)やカンニングを行った場合の責任 2012年に生徒同士が協力しクラス半数が在宅試験でカンニング行った疑いで問題となったハーバード大学で125人が一年間の停学処分や退学処分になりました。 学生は学問に対する誠実さを...
剽窃の具体例
プレジャリズムの具体例 いくつか剽窃の具体的な例を探してみました。 以下はスタンフォード大学の例です。 ケース1:生徒がレポートの一部が剽窃であったことを認めた。 ケース2:他の生徒が前学期のコースで提出したレポート...
盗用・剽窃対策 "Student Reporting"
 “UoPeople Partners with Unicheck on Zero-Tolerance for Plagiarism Policy” 今朝 UoPeople からこのようなメールが届いておりました。 UoPe...