インスタ詩人ニキータ・ギルのポエムを翻訳してみた

General
“We have calcium in our bones, iron in our veins, carbon in our souls, and nitrogen in our brains. 93 percent stardust, with souls made of flames, we are all just stars that have people names.”
― Nikita Gill
骨にはカルシウム、血管には鉄、魂には炭素、そして脳には窒素が入っている。93パーセントのスターダストは炎の魂を持つ。わたしたちは人の名を持つ只の星だ。
―ニキータ・ギル
“You fell in love with a storm. Did you really think you would get out unscathed?”
― Nikita Gill
嵐と恋に落ちたのに、本当に無傷で出られると思ったの?
―ニキータ・ギル
“Girls like her were born in a storm. They have lightning in their souls. Thunder in their hearts. And chaos in their bones.”
― Nikita Gill
彼女のよう娘たちは嵐の中に生まれた。その魂には稲妻、心には雷鳴、そして骨には混沌を宿す。
―ニキータ・ギル
“She wears strength and darkness equally well, the girl has always been half goddess, half hell”
— Nikita Gill
彼女は力と闇を同等にまとっている。その女はいつも女神であり地獄なのだ。
―ニキータ・ギル
“The monsters were never under my bed.
Because the monsters were inside my head.
I fear no monsters, for no monsters I see.
Because all this time the monster has been me.”
— Nikita Gill
ベッドの下に怪物なんていやしなかった。怪物は私の頭の中にいたのだから。
私は見えない怪物を恐れはしない。だって怪物は私自身だったのだから。
―ニキータ・ギル
“You are damaged and broken and unhinged. But so are shooting stars and comets.”
— Nikita Gill
あなたは傷つき、壊れて、錯乱している。だけど流星や彗星だってそうだ。
―ニキータ・ギル
“Some girls are full of heartache and poetry and those are the kind of girls who try to save wolves instead of running away from them.”
— Nikita Gill
彼女らのように心が痛みや詩で溢れている娘たちは、狼から逃げずに救おうとする。
―ニキータ・ギル
“Some days I am more wolf than woman, and I am still learning how to stop apologizing for my wild.”
— Nikita Gill
女性であるよりも狼に近い時がある。私の荒々しさを申し訳なく思うことを止めようとしているところだ。
―ニキータ・ギル
“Let it hurt. Let it bleed. Let it heal. And let it go.”
— Nikita Gill
痛むままに、血は流れるままに、癒えるままに。そして手放せ。
―ニキータ・ギル
“Only the brave and the broken are kind in this world.”
— Nikita Gill
この世界で優しいのは勇敢で壊れた者だけだ。
―ニキータ・ギル
“Fall in love with someone who tastes like adventure but looks like the calm, beautiful morning after a terrible storm”
— Nikita Gill
冒険の味がするのに、嵐の後の美しい朝のように静かな人と恋に落ちる。
―ニキータ・ギル
“Some people are born with tornadoes in their lives, but constellations in their eyes. Other people are born with stars at their feet, but their souls are lost at sea.”
— Nikita Gill
大竜巻のような人生に生れ落ちても、その目には熱(ほとお)る星を宿す者がいる。足に星を纏い生まれてきても、魂を海に無くす者もいる。
―ニキータ・ギル
“I hope you find someone who knows how to love you when you are sad.”
— Nikita Gill
あなたが悲しいときに、あなたの愛し方を知っている人を見つけてほしい。
―ニキータ・ギル
“You must understand: they fear you. There is nothing scarier in their minds than a girl who knows the power of her flames.”
— Nikita Gill
わかってほしい、彼らはあなたを畏れているの。彼らの頭の中で一番恐ろしいものは、自らの炎の力を知っている女の子なのだから。
―ニキータ・ギル
“Not all girls are made of sugar and spice and all things nice. Some are made of witchcraft and wolf and a little bit of vice.”
— Nikita Gill
すべての女の子がシュガーとスパイスと素敵なもの全部でできているわけじゃない。魔力と狼と少しの邪悪でできている者もいる。
―ニキータ・ギル
“Your heart will fix itself. It’s your mind you need to worry about. Your mind where you locked the memories, your mind where you have kept pieces of the ones that hurt you, that still cut through you like shards of glass. Your mind will keep you up at night, make you cry, destroy you over and over again. You need to convince your mind that it has to let go…because your heart already knows how to heal.”
— Nikita Gill
心は勝手に癒えるわ、心配なのはあなたの頭。記憶をしまっている場所、ガラスの破片のようにあなたを傷つける人の欠片を保管してるところ。あなたの思考は夜眠らせてくれず、涙を流させ、なんども繰り返し破壊する。思考に手放すよう訴える必要がある、だって心はもう癒し方を知っているから。
―ニキータ・ギル
“It is eerily terrifying that there is no sound when a heart breaks. Car accidents end with a bang, falling ends with a thud, even writing makes the scratching sound of pencil against paper. But the sound of a heart breaking is completely silent. Almost as though no one, not even the universe itself could create a sound for such devastation. Almost as though silence is the only way the universe could pay its respect to the sound of a heart falling apart.”
― Nikita Gill
心が壊れる時に音がしないのは不気味で恐ろしい。車の事故なら衝突音、落ちる時には衝撃音、手書きする時でさえ鉛筆と紙の筆記音がする。なのに心が壊れる時は無音だ。誰も、宇宙でさえその惨状に音をつけることなんて出来ないかのようだ。静寂のみが壊れ行く心の音に宇宙が敬意を払う方法なのかもしれない。
―ニキータ・ギル
“Tell your daughters how you love your body.
Tell them how they must love theirs. Tell them to be proud of every bit of themselves—
from their tiger stripes to the soft flesh of their thighs,
whether there is a little of them or a lot,
whether freckles cover their face or not,
whether their curves are plentiful or slim,
whether their hair is thick, curly, straight, long or short. Tell them how they inherited
their ancestors, souls in their smiles,
that their eyes carry countries
that breathed life into history,
that the swing of their hips
does not determine their destiny. Tell them never to listen when bodies are critiqued.
Tell them every woman’s body is beautiful
because every woman’s soul is unique.”
― Nikita Gill
娘らには彼女の体を愛していると伝えなさい。彼女らもの自分の体を愛するように伝えなさい。自分のすべてに矜持を持つように―
柔らかな太ももの妊娠線、少しでも、多くても、顔がそばかすで覆われいようとなかろうと、豊満な曲線であろうと、細身であろうと、髪が多くても、カールでも、ストレートでも、長くても短くても。その笑顔の中には先祖から受け継いだ魂があるのだと、その目は国を背負っていると、歴史に命を吹き込んでいるのだと、腰の揺れで運命が決まるわけではないことを伝えなさい。肉体に対する批評に聴く耳をもつなと伝えなさい。
全ての女性の体は美しいものだと伝えなさい。
全ての女性の魂はユニークなのだから。
―ニキータ・ギル
“Those freckles make you seem like a galaxy of stars, just waiting to be explored and loved.”
― Nikita Gill
そのそばかすは銀河の星のようで、探索され愛されるのを待っている。
―ニキータ・ギル
“Some people will always taste like fire and leave the ones that love them tasting like ash.”
― Nikita Gill
いつも炎の味がする人たちは、彼らが愛する人を灰の味にする。
―ニキータ・ギル