APAスタイル:文中引用と参考文献、フォーマットで良く見かける間違い

General

APAスタイルで良くある間違い

正しい参考文献 (Reference) の書き方はすべての授業で必要になってくる大切な要素です。全てのクラスではないけれども評価項目の一つです。

初期に受講しておくであろうEnglish composition のクラスで出てくるとは思いますが(まだ取ってない・・・)、ピア・アセスメントをしていると驚くぐらい適
当な Reference を見かけることがあります。

APAで必要とされているけれど大学で使用していない内容は省いています。(アブストラクト(Abstract) やキーワードが無いなど)

良く見かける間違い5選

1. 文中引用 (in-text citation) のエラー

2. 文中引用と引用文献の内容が違う

3. 複数著者の引用のエラー

4. ランニングヘッドやページ番号がない

5. 数字の記載方法

文中引用 (in-text citation) のエラー

一番多いのは文中引用の間違いで、アンパサンド(記号:&)の使い方

ワードの資料文献の管理を使用するのが楽です。

誤:(Clinton and Patterson, 2018)

正:(Clinton & Patterson, 2018)

 

ひとつのセンテンス内で複数の引用を使用する場合

あまり見かけることのない状況ですが、1文章の中に複数の引用をした場合、文中引用をした順番ではなくアルファベット順になります。

それぞれの名前をセミコロンで区切りますが、1つの丸括弧で記載します。

誤:(King, 2018; Kelley, 2002; Okamoto, 1993)

誤:(King, 2018) (Okamoto, 1993) (Kelley, 2002)

正:(Okamoto, 1993; Kelley, 2002; King, 2018)

 

文中引用と引用文献の内容が違う

APA以外では直接文中引用していない場合にも参考文献として記載することがありますが、APAでは文中引用に使用したものだけを記載します。

[資料文献の管理]の[現在のリスト]で引用されている資料文献には✔マークが入るので、引用していないものはリストから削除してください。

 

複数著者の引用のエラー

1つの引用文献に対して著者が2人

1回目の文中引用:(著者1 & 著者2, 年)

(Clinton & Patterson, 2018)

2回目以降の文中引用:同上

 

1つの引用文献に対して著者が3人から5人

1回目の文中引用:(著者1, 著者2, 著者3 & 著者4, 年)

(Mon, Tue, Wed & Thu, 2019)

2回目以降の文中引用:(Mon et al., 2019)

 

1つの引用文献に対して著者が6人以上

1回目の文中引用:(著者1 et al., 年)

(Jan et al., 2019)

2回目以降の文中引用:同上

 

ランニングヘッドやページ番号がない

ランニングヘッドが無い、もしくは間違ったフォーマット。

ページ番号が無い、もしくは間違ったフォーマット。

このエラーはかなりの数見かけました。

 

ラングニングヘッド

Running head: SHORTENED VERSION OF TITLE

タイトル全体ではありません。例えばコロンの前部分を入れます。

タイトルが “Rediscovery of Japan: Art Topography” であれば

Running head: REDISCOVERY OF JAPAN

となります。

二枚目のページからは

REDISCOVERY OF JAPAN

となります。

2ページ目からのフォーマット変更はヘッダー/フッターツールの中のオプションで [先頭ページのみ別指定] に✔を入れればOKです。

 

ページ番号

ページ番号も些細なことかもしれませんがAPAでは必須です。

カバーページを含めた全てのページの右上に記載します。

ヘッダーもページ番号も本文と同じTimes New Roman, 12 pt.です。

 

数字の記載方法

これも良く見かける誤記です。

9以下の数であれば文字、10以上であれば数字です。

例外としてはパーセンテージ、1連の文章に3個以上の数字があるとき、10以上の数字が同じ文書にある場合は数字で記載します。

Just the two of us.

Hunter shoots a 51-point buck in Illinois.

An average pay hike of 9.7% for the year 2019.

Password must contain at least 1 upper case letter, 1 lower case letter, and
3 numeric characters.

3 children and 15 adults.